2020年3月31日火曜日

GIANT DEFY4(2016)の究極アップグレード Hide Suzuki専用DEFY(2016)完成


2015年秋に購入したGIANT DEFY4も、使用して4年が過ぎました。自転車好きなら更に上のグレードを求めて買い替えをするところなのでしょうが、私はどうしてもこの自転車から離れられず、更なるアップグレードをしてしまいました。たぶん、この自転車のパーツをここまで交換した人はそういないと思います。

まさにHide Suzuki専用DEFYの完成です!


それでは、アップグレード内容を。

フレーム          ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フロントフォーク Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
BBセット         TH 7420ST ⇒SHIMANO BB-RS500(SORA)SM-BBR60(105)
ギアクランク  FSA TEMPO 34/50T ⇒SHIMANO FC-R3000(SORA)FC-5800-S(105)
チェーン          KMC SHIMANO CN-HG600-11(105)
F.ディレーラー SHIMANO CLARIS FD-5800-B-S(105)
R.ディレーラー  SHIMANO CLARIS RD-5800-SS-S(105)
ブレーキセット TEKTRO R312⇒SHIMANO BR-5800-L(105) 
コントロールレバー SHIMANO CLARIS & TEKTRO サブレバー ST-5800-S(105)
スプロケット     SRAM PG850 8S 11-32T⇒SHIMANO CS-HG50-8 11-32T CS-5800(105)
ヘッドセット     VP シールドカートリッジ 1-1/8"-1-1/4"
ハンドルバー GIANT CONNECT 31.8Cinelli DINAMO 31.8,380mm
ステム            GIANT Aluminum 31.8Kalloy(カロイ) ASA-105 (ホワイト・φ31.8)
サドル               GIANT PERFORMANCE LITE D2ASTVTE(アスチュート) SKYLINE SR
シートポスト  GIANT Aluminum fi'zi:k CYRANO R5iTM KERO
ペダル               Steal CAGE⇒SHIMANO PD-A530
Fハブ                FORMULA 32H⇒SHIMANO HB-9000(Dura-Ace)
Rハブ               FORMULA 32H⇒SHIMANO FH-9000(Dura-Ace)
リム                 GIANT S-R2 32H⇒SHIMANO WH-9000-C24-CL(Dura-Ace)
スポーク          Stainless 14G⇒Alminium(カーボンラミネート)(Dura-Ace)
タイヤ             GIANT S-R4 700x25C⇒CONTINENTAL GRAND PRIX 4000S2 700x25c


今回の交換ポイント
1、ハンドルバー 
Cinelli DINAMO
  とにかくフレームと同じ白いものにしたい!ということでコレにしました。カーボンではなくアルミのものにしたのは、フレームがアルミなのと価格がお手頃だったのでコレにしたのですが、幅を420㎜から380㎜にしてちょっとだけ空力に配慮しました。

2、ステム Kalloy(カロイ) ASA-105 (ホワイト・φ31.8)
  ハンドルバーに合わせてステムも白いものに変更しました!


3、サドル ASTVTE(アスチュート) SKYLINE SR
  このサドルは枻出版社の「ロードバイクアップグレード大図鑑」に掲載されていて一目惚れし、たまたまAmazonで格安で販売されているのを見つけて購入しました。とにかく座り心地がいいです!
4、シートポスト iTM KERO
  コラテック・ドロミテ2020に採用されているということで、「そんなにいいの?」と思って買い替えを決定しました。所詮フレームはアルミなので期待していなかったのですが、マジで期待以上でした!アルミフレームの自転車に乗っている皆様、これは買いです!


そして更に今回はワイヤー類をDURA-ACEモノに変更しました。色を白にすることでフレームとも一体感がでました。やはりなんといっても機動性が交換の一番の理由です。コンポが105じゃ交換しても意味ないじゃん!と思っているそこのアナタ。ぜひ交換してみてください。全然違いますよ。

今回のこのアップグレードですが、自分で行ったのではなくサイクルサービス チャリながさんにお願いいたしました。自宅まで来て頂いて本当に助かりました。やはりプロにお願いするのが一番ですよね。



元々のDEFY4が定価85000円の自転車をどこまでいじったところで、何十万円もする自転車に適うはずもありません。ですが、自転車のエンジンは人間。高い自転車に乗ったところで速く走れるわけでもありません。このDEFYは最初は「ロードバイクもどき」だったかもしれませんが、これ以上ないアップグレードでアルミロードとしては完璧なものになったと思います。ちなみに9.9kgあったDEFY4ですが、せっかくなので重量を計ってみました!

なんと7.9kgに!!!!!

素晴らしいです。なんと8kg切りです。安いロードバイクを買って「高いの欲しいなぁ」と思っているそこのアナタ。ぜひアップグレードを楽しんでみてはいかがでしょう。元が安いだけに、高いロードバイクに乗っている人をイベント等でぶっちぎると、楽しいですよ。

1 件のコメント:

  1. There are quantity of} printers that dominate the budget-friendly FDM class, so if the above offering doesn’t take your fancy have the ability to|you possibly can} as a substitute a glance at|check out} the even more inexpensive Voxelab Aquila S2. You won’t get any computerized bed levelling, which is usually a|could be a} tad cumbersome, but this cheap printer has a trick up its sleeve to sway potential clients - it can possibly} use filaments that other printers might not ready best shower caps for long hair to|be capable of|have the ability to} handle. They’re actually great machines these who|for many who|for people who} are already mechanically adept or who don’t get easily pissed off learning a brand new}, complex interest. A material and heat water are normally enough to remove them; more-stubborn grime ought to come away with a bit of rubbing alcohol that’s a minimum of|no much less than} 90% isopropyl alcohol. As with the MK3S+, have the ability to|you possibly can} put together fashions for printing on the MP Cadet with Cura.

    返信削除