広告

2015年10月14日水曜日

GIANT DEFY4 購入


前々から自転車を趣味にしている友人知人から、痩せるし体力もつくし、気持ちがいいよ!と薦められていた自転車ですが、いやいや自転車って大変なだけでしょ、と思っていた私です。
中学生の時に父親に「屈斜路湖(自宅から80kmくらい)に自転車で行きたい」と話したら、なぜかロードバイクを買ってくれ、高校卒業までの6年間をロードバイクで過ごした私でしたが、まさか自分で購入する日が来るとは夢にも思いませんでした。
思えば、8月に韓国へ旅行した際に、ソウル市内の川沿いの長い長いツーリングロードを皆さん気持ちよく走っているのを見て、痩せない身体を何かのスポーツで、と思っても難しいのなら、往復20kmの通勤を自転車でしてみようかな、と思ってしまったのが運のつきでした。
当初は3万円くらいで買えるよ!という会社の同僚の話に飛びつき、こんな自転車でいいのかな?と思ったのがGIANT ESCAPE R3。



3万円で買えないじゃないか!という突っ込みは別として、せいぜい自分はこのくらいが精一杯(体力的にも)と思っていましたが、自転車の購入資金のためにヤフオクに出したiPod classicがびっくりするくらいの高値で売れ、もうちょっと高いのが買えそう?と思って狙いをつけたのがGIANT ESCAPE RX2。

ここまで、GIANTしか自転車が出てきていませんが、本当は数十社の自転車メーカーをしらみつぶしに調べ、知識だけは豊富になり、他のメーカーの自転車も沢山候補にあがりました。
で、最終的な結論として、この自転車が良いだろうという結論に至ったのです。
でもね。この自転車、定価が8万円ですよ。街乗りするだけの自転車に8万円は高くない?たかが通勤のためだけに8万円払うのは勿体無くない?という気持ちが沸々と。
そう、もうちょっと足すとロードバイクが買えてしまう金額なのです。

でも、ロードバイク、なんのために買うのよ?

そう、思いますよ。普通は。マジで。でも、たくさんの自転車や全国のツーリングフェスタの情報をみているうちに、どうせ自転車を趣味にするなら、どこかのレースに出てみたくない?って、思うようになってしまいました。
往復20kmの通勤ロード、しかも帰り道は海抜64mとはいえおよそ2kmの上り坂です。体力作りとしては申し分ない道のりを毎日乗るわけですから、ちょっとは夢を見させてよ。ということで、
思い切ってロードバイクを購入しよう!ということに、なりました。

ロードバイクも色々候補にはあがったのですが、初心者は初心者らしく、サブブレーキが付いているもの、あまり前傾姿勢にならないもの、ということで、GIANT DEFY4を購入することにしました。
それにしても、自転車って本当にお金がかかります。3万円で買えますよ!という話だったのに、ヘルメットにグローブにパンク修理道具に。。。なんて色々揃えていたら、気づいたら桁が一つ増えていました。。

でも、新車って、やっぱりいいものですね!いまは嬉しい日々を過ごしています。

最後に、クロスバイクを飛び越えてロードバイクを購入した私から一言。
ロードバイクは乗りこなすのは結構きついですよ。いきなりは。ギヤはうまく使えないし、ハンドルさばきも難しい、ブレーキ操作は難しいし、何よりも、クッションが固い!
最初の通勤の感想は、「なんでこんな自転車買っちゃったんだろう!」でした。
でもね、やっぱり速いんですよ。こいつ。車で通勤するのと、ほとんど時間が変わりません。本当にびっくりです。乗りこなすには、まだまだ時間がかかりそうですが、やっぱり購入して良かったと思っています。じゃじゃ馬ほど乗りこなす楽しみがあるってもんですよ。すいすい乗りこなせる頃には、体重が20kgくらい落ちているのでは?と思います。

ということで、まずは標高250mの己斐峠を目指して頑張ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿