広告

2017年11月18日土曜日

SHURE SE215 Special Edition をBluetoothで使用する


私がとても気に入って使用しているイヤホン、SE215 Special Edition


とても気に入っているのですが、最近の主流はBluetooth接続のイヤホン。それもケーブルレスの片方ずつの独立タイプのものです。
私も大変気になってはいるのですが、色々試し聴きすると私の人生には「ないな」と思ってしまいます。勿論、音が良いとか悪いとかは人それぞれ違うし、街で使用している人を見かけると「便利そうでいいなぁ」とは思うのです。でも、使用する気にはなれないのです。
そうは言ってもDAPに直接ケーブルを繋げての使用は、とても不便を感じてしまいます。今までの人生でBluetoothイヤホンも決して使用してこなかったわけではありません。でも、凄く気に入ったイヤホンには出会えなかったのも事実。

ということで、SE215 Special EditionをBluetooth化しよう!

最近SHUREもSE215 Special Edition WIRELESSという商品を出しました。RMCE-BT1 というBluetooth化できるケーブルも同時に発売となりました。
商品を観たときはこれだ!と思いましたが、ちょっと高い。。。。予算オーバーです。色々と悩んでいたら、MMCX接続のイヤホンをお手軽価格でBluetooth化できるケーブルを発見しました。
MMCXのイヤホンをBluetooth化 『BTC-01 MMCX』です。
価格は安いですが、日本製の高品質コンデンサー、高純度無酸素銅ケーブルを使用した、なかなかGood!!!!なケーブルです。
私が使用しているDAP、HIDEZS AP60 は海外モデルの並行輸入品なので、Bluetooth接続が可能です。実はそのために並行輸入品を購入しました。勿論、ケーブル直のほうが音が良いのは間違いないかもしれません。ですが、人間便利さにはかなわないですよね。




お気に入りのイヤホンを手軽にBluetooth化したい!という方にはお勧めの商品だと思います。音も素直に出してくれるので、私のイヤホンには合っているかなぁと思います。以前、格安の中華Bluetoothイヤホン(MMX接続)を購入し入れ替えてみたのですが、満足できる音ではありませんでした。これは十分満足できる音質だと思います。

イヤホンもDAPも上限がないくらい高額、高品質の商品があります。私の使用の組み合わせは決して高額ではありませんが、iPhone付属のイヤホンでiPhoneから提供される音源で聴くよりはお金がちょっとだけかかります。でも、そのちょっとだけを、もし「音楽を聴く」という楽しみ方を深めたいと思われる方は、ぜひ試して頂きたいと思います。お気に入りの曲をハイレゾ音源で聴くと、本当に驚きですよ!

モーラ
http://mora.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿